HOME > 法人概要 > 理念・基本方針・理事長ご挨拶

理念・基本方針

理念 

1.利用者一人ひとりの人格・人権を尊重し、自立支援を旨として社会福祉の増進に努めます。

2.利用者本位の立場に立ち、常に笑顔でサービス提供し、顧客満足を追求します。

3.「福祉の情報発信源」「地域交流の場」として地域福祉の拠点となり、社会貢献に尽くします。


基本方針

1.積極的な情報公開を行い、透明性のある運営を行います。

2.法令遵守に徹し、個人情報保護に努めます。

3.職員は常に目標・ビジョンを持ち、継続的に業務改善に真摯に取り組み、
  自己改革・自己実現を目指します。

4.社会福祉法人としての専門性を生かし、常に「well being」を実践しつづけます。


当法人理事長からのご挨拶
理事長.bmp

大西 豊美 理事長 
(みなと寮施設長・全国救護施設協議会および全国厚生事業団体連絡協議会会長)

 私ども社会福祉法人みなと寮は1950年に運営を開始し、以来半世紀以上にわたり地域福祉・社会貢献に真摯に取り組んでまいりました。最初は小さな一歩からのスタートでしたが、今日まで長年に渡って大阪の福祉事業に貢献することができたのは、これもひとえに地域のみなさま、そして志を同じくする社会福祉事業関係者のみなさまのおかげであると深く感謝申し上げます。
 我が国の昨今の不透明な社会情勢においては、救護関連事業は人々の生活のセーフティネットとして崩すことのできない最後の砦であるといえます。また介護保険事業は来たる高齢社会に向けてニーズの増加が予想され、高齢者とそのご家族の頼みの綱であるといえます。社会福祉施策の中でも非常に重要なこの両事業を営む当法人としましては、今後も高まる社会のニーズにこたえそれに関連する様々な課題に取り組んでいくことが使命であると、いっそう身の引き締まる思いです。そしてまた、利用者お一人おひとりの温もりのある暮らしと、ご家族や地域のみなさまの健やかな生活を願い、実現に向けて誠心誠意取り組んでまいりたいと思います。