HOME > 法人概要 > 法人沿革

法人沿革

昭和25年4月
大阪府より(財)大阪港湾作業援護協会が、更生施設みなと寮(大阪市港区 南市岡・入所定員216名)の委託を受け、事業を開始。
昭和27年5月
(財)大阪港湾作業援護協会より社会福祉法人みなと寮が更生施設みなと寮の事業を継承。(昭和32年6月、更正施設みなと寮の定員を200名に変更)
昭和51年10月
大阪市より救護施設港晴寮(大阪市港区港晴・入所定員90名)の委託を受け事業を開始。
昭和58年4月
特別養護老人ホーム愛港園(大阪市港区八幡屋・入所定員90名)の事業を開始。
昭和60年4月
更生施設みなと寮が、建物の老朽化と入所者の障害の重度化のため救護施設に種別を変更し、大阪府河内長野市において、大阪府より引き続き委託を受け事業を開始する。
平成元年7月
特別養護老人ホーム愛港園の入所定員を140名に変更。
平成元年10月
大阪市よりみなとデイサービスセンター(定員15名、愛港園併設)の委託を受け事業を開始。
平成5年6月
認知症高齢者専用の施設として特別養護老人ホーム第2愛港園(大阪市港区八幡屋・入所定員50名)の事業を開始。
平成6年3月
大阪市より港地域在宅サービスステーション【在宅介護支援センター】(大阪市港区八幡屋・特別養護老人ホーム愛港園に併設)の委託を受け事業を開始。
平成8年4月
大阪市より救護施設第2港晴寮(大阪市港区田中・入所定員68名)の委託を受け事業を開始。
平成10年3月
大阪市より認知症高齢者グループホームときめき(大阪市港区八幡屋・入所定員8名)の委託を受け事業を開始。
平成11年4月
大阪市よりみなとホームヘルプセンター(大阪市港区八幡屋・港地域在宅サービスステーションに併設)の委託を受け事業を開始。
平成12年2月
大阪市より築港地域在宅サービスステーション(大阪市港区築港・デイサービスセンター・定員15名、ホームヘルプセンター、在宅介護支援センタ ー)の委託を受け事業を開始。
平成13年4月
大阪市より救護施設千里寮(大阪府吹田市古江台・入所定員50名)の委託を受け事業を開始。
平成14年4月
千里寮の新しい建物が竣工、入所定員を150名に変更。
平成17年3月
堺市よりホームレス自立支援センターおおいずみの委託を受け事業を開始。
平成18年4月
大阪市より救護施設港晴寮、救護施設第2港晴寮が指定管理者の指定を受ける。
平成18年6月
救護施設りんくうみなと(大阪府泉南市・入所定員150名)の設置運営を開始。
平成19年12月
救護施設港晴寮の入所定員を80名に変更。
平成22年3月
契約期間満了により、ホームレス自立支援センターおおいずみ閉鎖となる。
平成23年4月
大阪市より港区南部地域包括支援センターの運営業務受託を受け事業を開始。
平成23年4月
大阪市立弘済院第1特別養護老人ホーム(大阪府吹田市・入所定員270名)の事業を指定管理者として運営開始。
平成25年6月
堺市より堺市高齢者住宅調査業務センターの運営の委託を受け事業を開始。